家出人調査なら原一探偵事務所?口コミ評判は?


家族が家出して戻ってこない。警察に捜索願いを出しても探してもらえない。自分で捜索してみたり、友人に頼んで探すのにも限界がある・・・。


そんな時に頼りになるのが「探偵事務所」です。数ある探偵事務所の中でも、家出人の調査で抜群の支持を得ているのが、全国対応の「原一探偵事務所」。探偵業界では最大手。



テレビ番組の人探し企画などにも過去に多数協力をしていることでも有名な探偵事務所です。


なぜ、家出人探しといえば=原一探偵事務所なのか? 他の探偵社とはどこがどう違うのか? 真実を知るため、今回、当サイト運営者が「原一探偵事務所」を訪問し、詳しく話を聞いてきました。


家族・子供の家出でお困りの方の参考になれば、と思います。



↑埼玉にある本社に伺いました。(本社は埼玉ですが、全国に17拠点あり、全国各地での家出人調査に対応可能。)


「原一探偵事務所」公式ホームページはこちら


対応してくださったのは4名の調査員の方。このあとすぐに調査の仕事が入っているとのことで、時間があまりありません。早速、取材開始。


──警察へ捜索願いを出しても家出人を探してもらえない、というのは本当ですか?その理由は?


調査員「警察という組織の目的は『治安維持』なので、犯罪に関係のない人は探しません。『捜索願を出したのに警察は家出人を探してくれない!』と怒っている人もいますが、よく探さないからといって警察を責めるのは違います。そもそもの目的外だからです。


(ちなみに、失踪人はオレオレ詐欺の出し子等、犯罪者に利用される可能性が高いので、警察としては事前に把握しているだけです。)


失踪人の届け出は受理してくれますが、積極的には探してくれません。職質をかけた相手に失踪届が出ていれば家族に連絡をくれます。


この場合でも、警察に身柄の勾留権限はないので、本人が帰宅したい・警察署に行きたくないと言えば解放するしかありません。(あくまでも任意同行が基本)


警察から『家族が心配している』『家族が迎えに来るから待っているように』と言われた時、待たずに出て行っても警察は何も出来ません。自宅付近で職質を受けている場合には合流も可能ですが、基本的には難しいです。」


──家出調査の依頼は多く寄せられているんですか?


調査員「一般の方は、探偵=浮気調査という印象が強いとは思います。実際、浮気調査の相談が一番多く寄せられています。


そして、浮気調査の次に多く寄せられている依頼が家出調査です。


専従員が調査にあたります。上記で記載した通り、原則として警察は動きません。自分・親戚・友人知人で探すのには時間的限界もあります。聞き込みの方法にも専門的なノウハウがあるので、原一の経験豊富な調査員に任せていただいた方が無難です。


──どの年代の方の家出の相談が多いですか?


調査員「家出・人探しというと、年齢の若い方・学生さんの家出を思い浮かべる方も多いかと思います。確かに、学生さんの家出の相談もありますが、家出の相談で圧倒的に多いのが30手前ぐらいの男性の家出です。


仕事がきついなどの仕事関係の悩みがあって、精神的に病んでしまい、ご両親からの相談、というケースが多いです。学生さんとは違ってある程度お金は持っているので、いなくなられると、けっこう長い間帰ってこられないことが多いです。


こういうケースは早く見つけてあげないと、万が一の自殺の可能性もありますので注意が必要です。


他には、うつ・精神的に病んでいる70代ぐらいのご高齢の方の家出の相談も多いです。」



↑依頼者からの相談を聞くための「相談室」


──見つけてあげたら素直に家に帰るものなんですか?


調査員「男の人の場合は帰りますね。探偵が発見した時、声はかけず、本人を尾行しながら家族の方に連絡を取ります。


声をかける時には、調査員ではなく、家族が偶然見つけたようによそおうことが多く、ご家族と合流すればホッとして帰られます。意外と素直に帰られることが多いです。


逆に、心のどこかでは、見つけてほしい・・・という感覚を持ちながら逃げている、とも表現できるかと思います。なので、早く見つけてあげるべきなんです。


──見つけて家に帰る。その後、再び家出してしまう、というケースはありますか?


調査員「はい、あります。家出を繰り返させない、という意味では、見つけた後の家族の対応がとても大事です。


『優しくしてあげてくださいね。』などアドバイスはさせていただくのですが、ご両親によっては『お前には気合が足りないんだ!』などと怒ってしまう方もいて、、、そういう場合には、再びいなくなってしまうこともあります。


発見後に、本人と対面したら、まずは本気で心配していたと伝えることが大事です。心配していたのなんて当たり前だから伝えるまでもない・・・と思うかもしれませんが、失踪した本人は案外その点に気がついていません。『こんなに心配していたとは思わなかった。』という声はよく聞きます。


おすすめしているのが、見つかった後も何日か、どこへ行っているのか? などの行動を知っておくために調査員を使って行動調査しておくという方法です。そうすれば、また次にいなくなった時の目星がつけやすくなるからです。」


──子供・学生さんの家出の場合はどうですか?


調査員「特に、学生さんの場合には、何度もいなくなってしまうケースは多いです。


親御さんからすれば悪気はなく『お前、出てけ!』などと言ってしまうのですが、それがお子さんからすると真に受けてしまい、家にいられなくなっている、ということです。なので、怒る時にも『部屋にすっこんでろ!』ぐらいにしておかないと、子供の逃げ場がなくなっちゃうんです。


親の気持ちからすれば『なに開き直ってるんだ!』という感じですが、その気持ちは子供に伝わっていないことが多いです。で、見つかった時に家出の理由を聞くと、もう単純です。『出てけと言われたから。』という答えがかえってくる。


お子さんからすると、お父さんに出てけと言われて私は家にいられないから、という理屈なのです。」


──家出人調査において、原一さんと他の探偵社さんとの違いは何かあるのですか?


調査員「一般の方は知らないと思いますが、探偵業界の慣習として、問い合わせを受けて契約はするけど、調査自体は他の探偵へ投げる(外注するということ)ということをやっている探偵社は多いです。


そのため、調査力も低く、知識・経験もあまりない、個人で探偵の届出をしているような探偵が調査をする、、、なんてことも多い業界なのです。


家出調査・人探しの場合、命の危険もあるわけですから、探偵選びで何よりも重視してもらいたいのは『調査力』です。


原一の場合、日本全国に多くの調査員を抱えておりますが、その中でも『人探しを専門とする特殊な部隊』や『徒歩での調査を専門とする部隊』などに調査員が分かれており、自社で徹底的に教育を行っています。


家出調査の場合には『人海戦術』といって張り込み・聞き込みによって調査を行います。必要性があればチラシの配布もプラスして行います。命の危険性もありますから、6人以上の調査員で捜索をすることもあります。


他の探偵社さんの場合ですと、6人以上の調査員で探してください、と頼んだとしても、できるところはあまりないと思います。


このような理由もあり、他の探偵社さんの場合、浮気調査のみに力を入れていたり、家出調査は扱ってはいるが、あまり力を入れていなかったりしますね。


原一の場合は、今後も引き続き、家出調査には力を入れていきます。今後は警察との連携を強めていきたい、という想いもあります。」


──原一さんへ家出人探しの無料相談をした場合、すぐに調査開始してもらえるんですか?


調査員「即日調査が可能です。全国に17の支社があり、調査員も全国各地にいますので、例えば、東京で相談を受けて、その日に大阪で調査を開始するということも可能です。


自殺の懸念がある場合などは一刻を争います。


また、家出からの時間が経過すればするほど、発見率は落ちてきます。早めの対応が望まれます。」


──今までに「調査依頼があと1日遅かったら、まずいことになっていた・・・」というケースはありましたか?


調査員「発見した時に、対象者が高いビルを探しながら歩いていたケースがありました。


自殺するためのビルを探していました。


弊社が見つける前にフェンスのないビルを見つけていたら危なかったかもしれません。」


──最後に、家出人・失踪人調査の相談をしようかどうか迷っている、という方へ向けてメッセージなどあれば、お願いします。


調査員「早く見つけてあげないと戻りにくくなります。また、家出が長期に渡れば渡るほど家出先での人間関係が出来てきます。いきなり元の生活に戻そうとしても無理が出る場合があります。


無理に戻そうとすれば歪が出ます。歪まないよう戻す作業が必要となります。


その辺りの"間"というか"タイミング"は当事者では測り難いものがあります。第三者だからこそ冷静に判断できる事もあります。変にガチャガチャ荒らしてしまうと、再び逃げられてしまう場合もあります。その辺りも含め、プロにお任せいただければ、と思います。」


──本日は、お忙しい中、取材協力ありがとうございました。


取材してみた感想


「探偵」と言うと、どこか後ろめたい気持ちを持ってやっている仕事、そんな風に私は勝手に決めつけていました。


でも、今回話を伺った原一の調査員の方々は、みなさん「探偵」という仕事に誇りを持ち、自信を持ち、熱意を持ってやられていました。


事件性のない家出の場合、警察は積極的には捜索してくれません。しかし、今の日本には、家出・失踪してしまう人は数多くいます。そういう意味では、社会的貢献度も高い仕事と言えそうです。


家出調査を依頼するなら原一探偵事務所で間違いはないでしょう。逆に、話の中にも出てきましたが、もしも信頼できない探偵社を選んでしまったら・・・。調査を個人の探偵に外注するような探偵社を選んでしまったら・・・。


大事な人を守るため、後になって後悔しないためにも、家出調査の相談は信頼度の高い探偵事務所を選ぶできです。


探偵ならどこでも違いはないだろう? という考え自体が危険な考え方、ということが、今回の取材ではっきりと分かりました。


電話での相談だけなら無料です。原一探偵事務所の経験豊富な相談員さんに話を聞いてもらうだけでも精神的に楽になると思います。






家出人捜索のための法律知識

 

家出人・行方不明者の捜索方法

 

人捜しと費用について

 

子供のいじめを探偵に相談?

 

痴漢・ストーカー被害の対策

 

太陽光発電