家出人・行方不明者の捜索方法

自分で家出人の捜索をする時のメリット&デメリット

家出人や行方不明者を、自分で捜索する場合のメリット・デメリットなどを解説していきます。

自分で捜索しようとしている人も、まずはじめに警察署に行方不明者届(旧:家出人捜索願届け出)を、
提出しておくのが最優先になります。


それは、考えたくはないですが日本全国では、毎日のように身元不明遺体が発見されています。

身元不明遺体が発見されても、行方不明者届が出されておらずリストになかった場合は、
そのまま何年経っても、行方不明遺体は家族の元に返す事が出来ません。


また未成年者などを保護した場合でも、行方不明者届が出されていなかったら、
保護者に連絡する事も出来ません。

ですから、行方不明者を自分で捜そうと思っている人も、
まずは行方不明者届を提出する事を最優先してください。


行方不明者届を出して、待っていれば行方不明者は見つかるのか?については、
こちらの「子供や大人」の家出人・行方不明者探しで注意する事/自殺の可能性を参考にしてください。


●自分で行方不明者を捜したいなら?

まずは行方不明となった本人の部屋で、「しばらく帰りません」などの置き手紙がないか、
そして大きめの旅行バッグなどがなくなっていないかなどを調べてみましょう。

子供の場合は、貯金箱の中身がなくなっていたり、携帯や財布がなかったり・・・

大人だとパスポートや保険証、キャッシュカード、銀行の通帳、印鑑、免許証など
とにかく本人の持ち物の中で、部屋からなくなっている物がなにかを調べる事がかなり重要になってきます。


逆に、ゴミ箱などから手がかりが見つかる事もありますので、
行き先のヒントとなる物を探してみたりしましょう。


子供なら通学路や習い事をしている所、大人なら通勤ルートやよく行く店に行ってみるのもお勧めです。

家族がいなくなってしまった事をあまりおおごとにしたくないのもわかりますが、
友達や会社の人など出来る限り大勢の人に情報を聞いたり知らせる事で、
何か新しい手がかりが見つかったり、何かわかった時に連絡してもらえたりもします。


このように交友関係から行方不明者の行き先を捜す他、自分でビラなどを作り、
行方不明となった人の通勤先近くの駅前や、よく行く駅などで呼びかけたり、
張り紙などをする方法もあります。

gum11_ph01024-s.jpg


●行方不明者を自分で捜すメリット

自分の移動手段やビラなどにかかるお金だけなので、費用はそれほどかからない事が、
一番のメリットかもしれません。

誰にも情報を求めず、自分1人で捜すのであればおおごとにもならずに済む可能性があります。

また、自分の意思1つで今すぐ捜索を開始する事が出来るくらいでしょうか。


●行方不明者を自分で捜すデメリット

人捜しのプロである探偵事務所などに依頼せず、素人である自分だけで行方不明者を捜すのは、
専門的な知識などもないため、時間も労力もかなり必要になります。

また、この「家出・失踪の実態」原因は日常に?事故やリストラ、いじめ!その心理は?にも
書いたように、家出・行方不明となってから、行方不明者が発見できるかどうかは、
時間・日数との勝負なのですが、自分で捜すのは費用がかからない分、
行方不明者が見つかる可能性はかなり低くなります。


自分で通学先や通勤先に行ってみたり、その近辺でビラ配りなどをしたとしても、
この場合はまだその付近に本人がいる場合には有効かもしれませんが、
家族が考えもつかなかった場所に、既に行ってしまっている可能性も高いので、
その場合にはその労力を使った意味がありません。


子供なら、お金もそれほど持っていないためそれほど遠くには行けないようなイメージがありますが、
未成年の家出は犯罪や事件に巻き込まれたりする可能性が高いため、
「お金を持っていないから、すぐ近くにいそうだからすぐ見つかるでしょ」なんて思っていてはいけません。

これについては、こちらの「子供や大人」の家出人・行方不明者探しで注意する事/自殺の可能性
で詳しく解説しています。


認知症などの高齢者も、それほど体力がないですからすぐ近くで見つかりそうに
思えるかもしれませんが、高齢者が認知症で家を出て行ってしまい、
警察などで見つかったときには自宅から何キロも離れた場所まで歩いて行ってしまった、
という事も少なくありません。


行方不明者を自分で捜す方法は、デメリットの方が多い気がします。


行方不明者を捜す方法は、自分で捜す以外にプロの探偵事務所に依頼する方法、
警察にお願いする方法の、合計3パターンがあります。


プロの探偵事務所に依頼する場合については
こちらのプロの「探偵」に依頼して捜索する時の費用は?メリット&デメリットを、
警察にお願いしたいと思っている人はこちらの警察に依頼にして、家出人を捜す!警察に出来る事とは?
参考にしてください。


phm11_0628-s.jpg


<<前の記事「行方不明による「失踪宣告」とは?やり方と、法律上の効果は?」へ
                    プロの「探偵」に依頼して捜索する時の費用は?メリット&デメリット


●関連記事
行方不明者の捜索!失敗しない探偵事務所の選び方&ポイント
探偵事務所に人探しを依頼!契約をする前に確認すること
警察に依頼にして、家出人を捜す!警察に出来る事とは?










家出人捜索のための法律知識

 

家出人・行方不明者の捜索方法

 

人捜しと費用について

 

子供のいじめを探偵に相談?

 

痴漢・ストーカー被害の対策

 

太陽光発電