家出人捜索のための法律知識

行方不明者届(旧:家出人捜索願届け出)とは

●家出人捜索願 → 「行方不明者届」へ
はじめに、家出人が出た場合に捜索願いを警視庁に届け出ていた、
「家出人捜索願い」についてなんですが、こちらは今から5年前の平成21年に
「行方不明者発見活動に関する規則」が施行され、これに関わる用語の整理がされました。


これまで、「家出人」と呼ばれていたものを「行方不明者」として、
「捜索願」を「行方不明者届」と改められました。

phm23_0999-s-jpg.jpg


●行方不明者と「特異行方不明者」との違い

警察署に行方不明者届を提出すると、
その行方不明者が特異行方不明者に該当しているかどうかが判定され
行方不明者と特異行方不明者に分けられます。


特異行方不明者は、行方不明者の中でも次の項目に該当する行方不明者のことを指します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
(1)凶悪犯被害者
   殺人、誘拐など犯罪によって生命・身体の危険が既に生じているおそれがある、
   または将来その恐れがある場合。
(2)福祉犯被害者
   本人の性格、性別、素行、行動、家庭環境などの事情により、少年の福祉を害する危険性がある場合。
(3)事故遭遇者
   行方不明前後の行動・事情によって、生命に危険を及ぼす事故に遭遇している場合。
(4)自殺企図者
   異性関係や家庭環境、経済状況など、平素の行動や言動により、自殺のおそれがある場合。
(5)自傷他害のおそれのある者
   統合失調症、精神作用物質の依存症などの精神障害の状態、または銃砲刀剣類、火薬、
   毒物などの危険物を携帯し、自傷・他傷の危険性がある場合。
(6)自救無能力者
   13歳以下の子供や高齢者など、その行方不明者だけでは生活が困難だと考えられる場合。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
です。


つまり、行方不明となったのが13歳以下の子供や高齢者など、この特異行方不明者に該当している場合は、警察も迅速に捜索してくれる方だと思いますが、逆にこの特異行方不明者には該当しないような人の場合は、それほど積極的な捜索は望めないそうです。


何か事件性のありそうな行方不明であったり、生死を問われるような行方不明でない限り、特に捜査は行われないと考えた方がいいかもしれません。もう1つの選択肢が「探偵事務所への依頼。」探偵事務所であれば、すぐにでも動いて捜索してくれます。後になって後悔しないためにも、早めの相談をおすすめします。


↓家出人探しで実績NO.1の探偵事務所。相談は無料。



>>原一探偵事務所 公式サイトはこちら<<





行方不明者届を提出した時に、特異行方不明者であるかどうかの判定がされるとお話しましたが、
これは届け出時だけではなく、はじめに行方不明者と判定された後でも、
新たな情報や状況の変化などにより、特異行方不明者に該当するかの判定は、随時行われます。


●行方不明者届(家出人捜索願)を警視庁に出すことが出来る人

行方不明者発見活動に関する規則が施工されて見直されるまでは、
警視庁に届け出できる人は親族や後継人、施設管理者のみとなっていました。

ですが、この規定が見直されてからは、親族と後継人に加えて、
恋人や知人、会社の上司なども届け出が出来るようになっています。


●行方不明者届を出せる場所

行方不明者届を出せる場所は、行方不明者もしくは行方不明者届の届け出をする人の
最寄り(居住している住所)の警察署です。




●行方不明者届を出す前の準備

●行方不明者の詳細情報
・氏名phm23_0968-s-jpg.jpg
・本籍
・住所
・生年月日
・職業
・行方不明人の自家用車のナンバー
・行方不明時の所持金
・携帯番号
・行方不明者の好きな食べ物、趣味、よく行く場所
・薬物の使用歴、精神疾患の既往歴

●外見的なこと
・写真
・身長
・体格(身体の特徴など)
・髪型
・血液型
・服装
・所持品
など

●届け出する人の持ち物
・身分証明書(運転免許証など)
・印鑑

●その他、行方不明者届を出す際に警察署で尋ねられること
・行方不明者が家出、失踪した日または、最後に見た日
・行方不明になった原因(思い当たる範囲)


これだけではなく、行方不明者の交友関係など、結構詳しいことを聞かれますので、
警察署に行く前にある程度話す事などの整理をしておくといいと思います。


行方不明人をどんな方法で探そうか、まだ決まっていない人も、
まずは警察署に届けるのが最優先です。

どうやって捜すかは、行方不明者届を提出してから考える事になります。
参考:行方不明者発見活動に関する規則の運用上の留意事項等について
http://www.npa.go.jp/pdc/notification/seian/seianki/seianki20120319.pdf


↓家出人探しで実績NO.1の探偵事務所。相談は無料。



>>原一探偵事務所 公式サイトはこちら<<





子供の家出でも大人の家出・失踪でも、「どうしたらいいのか?」と悩んでいる間に、
取り返しのつかない事態に発展してしまう可能性もあります。

家出人・失踪の心理についてはこちらへ↓
「家出・失踪の実態」原因は日常に?事故やリストラ、いじめ!その心理は?


家出人・失踪者が見つかるかどうかは時間次第ですし、最悪の結果を招かないためにも
このページも読んでおいてほしいです↓
「子供や大人」の家出人・行方不明者探しで注意する事/自殺の可能性


        >>次の記事「「家出・失踪の実態」原因は日常に?事故やリストラ、いじめ!その心理は?」へ


●関連記事
「子供や大人」の家出人・行方不明者探しで注意する事/自殺の可能性
認知症の「高齢者」捜索で、注意すること
行方不明による「失踪宣告」とは?やり方と、法律上の効果は?










家出人捜索のための法律知識

 

家出人・行方不明者の捜索方法

 

人捜しと費用について

 

子供のいじめを探偵に相談?

 

痴漢・ストーカー被害の対策

 

太陽光発電